【今の日本に向き合い社会課題解決×未来を創造する】
一般社団法人RCF/長期インターン説明座談会

開催日程

希望の日程を選択してください。

行政、企業、NPO等各主体の連携を繋ぐ

一般社団法人RCFの原点は2011年3月11日の東日本大震災です。被災地はいずれ生じ得る日本の社会課題が先行して生じる「課題先進地」でもあります。RCFは解決策を提示し続けることで日本の社会問題解決を先取りしてきました。
「復興」という大きな目標の達成のためには行政、企業、NPOといった背景や利害関係の異なる主体を巻き込むことが不可欠です。そこでRCFは各主体の狭間を埋めて力の引き出し方の最適解を見つけ、協働を生み出すコーディネーターとしての役割を担ってきました。
この経験を活かし直近では、新型コロナウイルスによる各種課題(中小企業支援、医療機関支援、貧困家庭支援 等)へのコーディネート業務についても展開しています。

RCFの担うプロジェクトマネジメント業務

RCFは各主体の協働に向けて人材・産業・コミュニティ支援といった幅広い分野の課題に対する、解決に向けたコンサルティング、支援企画の提案を行っています。

< 具体的には... >
・地域の自治体や事業者、NPOへのヒアリングによる課題やニーズの把握
・支援のための企画立案(企画書の作成・提案、調査、被災地での折衝等)
・上記プロジェクトの実行(行政・企業・NPO・現地事業者との連絡・調整、情報発信、報告等) ・各種資料の作成およびマネジメント等

◆最近では...
首都直下型地震を想定した防災でのICT活用、 ⻄日本豪雨災害で大きな被害を受けた宇和島市の復興、生活困窮過程向けの子供宅食事業にも関わっています。最近では新型コロナ対応への取り組みもはじめています。

事業者の新しいチャレンジ促進に向けたクラウドファンディング支援事業【復興庁】
西日本豪雨の復興に向けた、地域の主産業である柑橘産業の復興支援【宇和島市】

※プロジェクト実績は、ホームページにてご確認ください。(HP:https://rcf311.com/project/)

長期インターンを採用します。

上記のような仕事を推進しているRCFにおいて、今回次の長期インターンを採用します。

■代表室業務
・ 代表のスケジュール調整(他部署、クライアント等との調整)
・ 講演会、パネルディスカッション等の事前調査、資料作り

■プロジェクト推進業務
・ プロジェクト関係者との 打ち合わせの設定・連絡・調整
・ プロジェクト推進上必要な資料(打ち合わせ資料、報告書等)の作成サポート

5月26日に長期インターン説明座談会を実施

長期インターン採用に際し、説明座談会を行ないます。
RCFの事業内容、インターン生の業務内容などについて、現役のメンバーがご説明し、皆さんからのご質問をお受けします。

当日のアジェンダ

下記の内容を予定しております。

・団体説明会
・現役インターン生からの声
・現役社員との座談会

開催概要

【対象年度・参加条件】

・学年不問
・週で平日3日20時間以上の勤務
(勤務時間帯: 平日9:00-18:00の間で最低4時間以上)

【持ち物・服装】

筆記用具、スケジュールが分かるもの、服装は自由

※会場や開催時間に変更があった場合は、メールにてご連絡いたします。

開催場所

オンライン

会場名
不問(オンライン/ビデオ会議ツールGoogle Hangouts MeetもしくはZoom)
住所
オンライン
アクセス
ご自宅等会話が可能でネット環境の良好な場所をおすすめいたします。
備考
※開催日が近づきましたら、当日の参加方法について別途ご連絡いたします。