N高等学校 通学コース 本科クラス 長期インターン
プログラミングTA
体感ワークショップ

~プログラミングを用いた実践的なモノづくりに挑戦せよ~

将来のためにプログラミングを学んでみたいと思っていても
一歩踏み出せずにいませんか?

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、ITニーズの拡大により、IT人材の事情規模は今後も拡大していくと言われています。
就職活動にあたり、語学スキルと同様プログラミングを学び始めようとしている大学生が増えています。
でも、独学ではなかなか続かない、どれから学び始めたらよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

プログラミングスキルを高めつつ、
実践的なモノづくりに取り組める
長期インターン

実務を通してプログラミングを上達させたい大学生が求める環境が実はN高等学校の長期インターンにはあります。
生徒の個性を惜しみなく引き出し、世界で活躍する”創造力”を持った人材を育成するN高。N高では、ドワンゴの現役エンジニアが作る「実践的なモノづくりを通じた学び」が授業として展開されています。インターン生には、生徒たちに寄り添い、プログラミングを使ったモノづくりの完成に向けて、新しい技術を共に調べ、学び、伴走者として取り組んでもらいます。

初心者から始める
プログラミングTAとは?

インターンを通じて得られる成長

さながらソフトウェア開発のように、作りたいものをどうすれば作ることが出来るのかを生徒と一緒に考える経験は間違いなく貴重なものですが、それ以外に下記のメリットがあります。

①ドワンゴ新入社員研修でも使用されている基礎から学べる教材が学び放題

②生徒と一緒に勉強しながら実践することで自然とプログラミングスキルが上達する

③教職員及び、生徒たちの作る”ITの力でモノづくりをするコミュニティ”での交流を楽しめる

N高でプログラミング教育に携わることの面白さを体感できるワークショップ

ワークショップには、ドワンゴ社でニコニコ生放送のミドルウェア開発に携わり、現在はN高プログラミング教育責任者である吉村 総一郎氏が登壇。「いかに楽しく開発するか」をモットーにする吉村氏がインターンの魅力をお伝えすると同時に、参加学生には「micro:bit」(*1)を用いてプログラミングの実践に取り組み、長期インターンを体感してもらいます。

今、プログラミング言語が書けなくても大丈夫なので、初心者でも参加できます。もちろん、プログラミング経験者も楽しめる内容となっています。

(*1)micro:bitとは、プログラミング教育用のマイコンボードです。1枚の基板の上に、ユーザーが動作をプログラミングできる25個のLEDと2個のボタンスイッチのほか、加速度センサと磁力センサ、無線通信機能(BLE)を搭載しています。初心者はドラッグアンドドロップで動作をプログラミングでき、コードが書ける方は更に応用的な動作をプログラミング擦ることが可能です。
参考:http://bit.ly/2PfFkDX

開催日程

日程

2020年3月30日(月)
18:30~21:00

開催場所

ニューステートメナービル(〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1 3階)

当日のアジェンダ

18:00

会場・受付開始

18:30

開始

①N高に関する説明
②ワークショップ
③振り返り

21:00

終了予定

開催概要

対象年度・参加条件

対象年度

開始

2021年卒
2022年卒
2023年卒

勤務条件

平日週2日以上
(下記①②の枠内どちらかで勤務できる方)

①08:30 - 13:15
②13:00 - 18:00

定員

限定20名

エントリー

弊社の個人情報の取扱いについて同意の上、下記フォームにご記入ください。











平日
合計 時間以内
休日
合計 時間以内

終日勤務可能な場合は8時間、午前午後どちらかの勤務になる場合は4時間で換算ください。






特別選考パスや限定招待イベント情報などをお届けします。