N高等学校
長期インターン
体感ワークショップ

~答えのない問いを考え抜き未来の学校をつくる~

長期インターン選びで
実は大切なこと

裁量権の大きさ、一緒に働くメンバー、育成制度など、成長を求める学生は多くのことを長期インターンに求めたくなるのではないでしょうか。
その中でもインターン生にとって最も大きく成長に繋がっているのは「どこで働くかではなく、どのように働くか」であることです。

成長して成果を出している長期インターン生の共通点として「クライアントやユーザーが本当に求めていることは何かを考え続けられる」ことが挙げられます。それは長期インターンだけでなく、社会に出てから成果を出し続けるビジネスパーソンが取り組むことと何ら変わりはありません。

となれば、今経験すべきは「粘り強くクライアント・ユーザーに向き合うこと」になるのではないでしょうか?

答えのない問いに向き合う
N高インターン体感ワークショップ

N高生は、豊富な課外選択授業で将来につながる学びができます。インターン生は、その根幹となる「プロジェクト型学習」の運営に携わっています。正解のない問いに日々向き合うインターン、今回はその一端を体感できるワークショップとなっております。

ワークショップで向き合う問い

・生徒が将来やりたいことを見出せるプロジェクト型学習とは?

・目の前の生徒の課題を解決するために必要なコミュニケーションとは?

N高というムーブメントを
知っていますか?

生徒の個性を惜しみなく引き出し、世界で活躍する”創造力”を持った人材を育成するN高。
キャンパスから実社会へ繋がるプロジェクト型学習で将来を見据え“やりたいこと”を自ら見いだすための課外授業を展開しています。

例えば、N高 通学コースのカリキュラムの中で、実社会で必要になる学びをプロジェクト型学習を通して身に付ける”プロジェクトN”では、「身体的なハンディキャップを抱える人を支援するアプリの立案」「日本の行政を題材にしたドラマ制作」などのテーマをグループで取り組みます。

今や生徒数は1万人を突破し、「枠に入りきらない子」にとっての当たり前の選択肢となっています。

責任をもって向き合う、
だから成長できるインターン

N高に在籍する生徒は個性豊かで、彼等への向き合い方にマニュアルはありません。

時にはプロジェクトNで本質的なディスカッションを生むための壁打ち役となり、時には勉強へのやる気を引き出すメンター役となります。一人一人抱える悩みは違うからこそ、自ら考えて地道なコミュニケーションを重ねることで初めて問題は解決されます。

そして業務を積み重ねた先には、自分の経験を活かした教材やカリキュラム作りにも取り組んで頂く可能性もあります。

ワークショップ概要

今回のワークショップでは「プロジェクトNを通して生徒の学びを最大化させる設計」について考えて頂きます。

一つ一つのプロジェクトには「生徒にこうなってほしい」という目的があります。しかし、その目的を果たす授業設計のあり方に答えはありません。グループ形式が良いのか、誰かに提案が良いのか、アプリを実際に作るのが良いのか、どのようなアウトプットを出させるかによって、生徒が得られる学びは大きく変わります。
ただ面白いではダメ、その難易度が成長に繋がることを体感頂きます。

過去参加者の声

実際のプロジェクトNの企画立案を通じて、生徒を巡る環境の複雑さに気づけた。

N高には主体的に動ける環境が整っていることを感じた。

N高では生徒に教えながらも、実は自分が学び、自己成長に繋がると思えた。

開催日程

日程

2020年1月20日(月)
18:30~21:00

開催場所

Intern Street 南青山
(東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F)

当日のアジェンダ

18:00

会場・受付開始

18:30

開始

①N高に関する説明
②ワークショップ
③振り返り

21:00

終了予定

開催概要

対象年度・参加条件

対象年度

開始

2021年卒
2022年卒
2023年卒

勤務条件

平日週2日以上
(下記①②の枠内どちらかで勤務できる方)

①08:30 - 13:15
②13:00 - 18:00

定員

限定20名

エントリー

弊社の個人情報の取扱いについて同意の上、下記フォームにご記入ください。











平日
合計 時間以内
休日
合計 時間以内

終日勤務可能な場合は8時間、午前午後どちらかの勤務になる場合は4時間で換算ください。





特別選考パスや限定招待イベント情報などをお届けします。