ミッション

「医療ヘルスケアの未来をつくる」

自分や家族が病気になった時、誰もが一度は必ず「医療」に直面します。そんな時に、後悔しない選択をしてほしい、納得できる医療体験をしてほしい。そう私たちは考えています。

事業内容

メドレー社はエンジニアと医師・医療従事者を含む開発チームを有し、「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションのもと、インターネットを活用した様々なサービスを提供しています。
社内に常勤の医師が8名おり、ビジネスサイドでもGoogleやリクルートなどの有名企業や、弁護士や会計士などそれぞれの第一線で活躍してきたメンバーが集結し、One Teamでこの大きな課題に取り組んでいます。

■介護事業者向けオンライン動画研修サービス「メディパスアカデミー介護」
https://medipass-academy.jp/
スタッフの研修にリソースを割くことが難しい中堅中小事業者が、低コストで研修を実施できるサービスです。
スタッフの定着率向上やスキル獲得支援により、事業所が提供する介護サービスの品質向上に貢献しています。

■医療介護系の求人サービス「ジョブメドレー」
https://job-medley.com/
医療介護福祉に特化した求人が約20万件掲載されている国内最大級のサービスです。どんな組織でも根幹となるのは「ヒト」です。ジョブメドレーをリリースした当初は、医療系の資格を持ちながらも病院やクリニックで仕事をしていない方が全体の1/3もいると言われていました。人材不足が叫ばれる医療機関に人が集まりやすくなるための復職・転職支援を行うことで、医療の質を高めることに間接的に貢献するインフラを目指しています。

■スマホで診療が受けられるアプリ「CLINICS」
https://clinics.medley.life/
病院に行くための移動時間や待ち時間を気にすることなく、スマホやPCで診察を受けて、薬や処方せんも自宅で受け取れるサービスです。
現在国内導入数No.1のサービスとなり、国民全体の生活を大きく変える新しい文化作りを牽引しています。新しいライフスタイルが浸透するための法整備にも積極的に働きかけを行っており、2017年5月には安倍首相(当時)を表敬訪問し、実際にCLINICSをお使いいただき理解の促進に繋げるなど、自社のサービスだけのことだけでなくより大きな視座に立って、「スマホ診療」の新しい未来を創るためのあらゆる取り組みを行っています。

他にも複数の医療プラットフォーム事業を展開。

企業概要

住所
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
設立
2009年6月

この企業の募集を見る