ミッション

「意思社会:一人一人の"意志"が躍動し、夢と活気あるれる社会」が情報社会に続く、新しい社会 Society5.0の形だと信じています。
この意思社会実現のタメに、仕方なく働く人を業務から開放し、一人一人が自らの意思に気づき、行動できる世界を想像します。

事業内容

ZEALSは2014年4月に創業し、チャットボットを中心とした事業を展開していて、会話広告「fanp」やエンジニア転職bot「Hello, ZiP」です。代表の清水正大は、Forbes「アジアを代表する30歳未満の30人」に選出、IVSLにて4位入賞。出資元はJAFCOさん、Freak Outさん、WILL GROUPさんで5億円調達しています。

一人一人の"パートナー"となる存在として「ZiP」というプロダクトをローンチします。
ZiPとはZeal intelligent Partnerの略で、Zeal:情熱(パトス)、intelligent:論理(ロゴス)、Partner:信頼(エトス)の要素を持ったパーソナルアシスタントを創造するという想いを込めています。
ZiPが提供するコミュニケーションの価値を「気付きを与え、後押しをすることで、納得感のある一歩を踏み出すこと」と、メインターゲットを「選択をする人」と定義しています。
どんな人でも失敗するのが怖い選択の機会に対して後押しをしてあげることで、あと一歩の勇気を踏み出す人を増やすことがZiPの役割です。
ZiPのボットが立ち上がると、あなたは従来のチャットボットとは一線を画す感動的な機械との対話を体験し、初めてパートナーという存在を手に入れます。
ZiPは話したことを全て覚えていて、あなた自身のことや、好み、希望に合わせてぴったりの提案、そして後押しであなたを支えます。
ZiPは人生における選択の機会を、ユーザーファーストで支え続けることを約束します。

企業情報

住所
東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル4F
設立
2014年4月
従業員数
18名