長期インターンのおすすめの探し方とは?探し方別のメリット・デメリットを紹介!

長期インターンを始めようと思っていても、どうやって探せば良いかわからないという人は多いのではないでしょうか?自分にあった長期インターンと出会うためには、長期インターンの探し方が非常に重要です。
長期インターンの探し方にはどのようなものがあるのかや、それぞれの探し方のメリットとデメリットを解説していきます。

【お知らせ】大学2年生を対象とした長期インターンの大規模イベントを開催します!長期インターンを通じて実業家・経営者になった社会人2名と、外資系コンサル・日系大手・大学院博士課程に進む現役長期インターン生が皆さんをお待ちしています。10月26日開催です。くわしくはこちらのページ大学2年生にすすめる『ビジネスを通じた自分の価値の高め方』をご覧ください!

長期インターンの探し方にはどんなものがあるの?

長期インターンの探し方は、大きく分けて以下の5つの方法があります。

・友達に紹介してもらう
・求人サイトから探す
・インターンイベントに参加する
・企業HPから探す
・Intern Street個別面談に参加する

それぞれメリットデメリットがあるので、一つずつ解説していきます。

友達に紹介してもらう

一つ目に挙げられるのが「友達に紹介してもらう」というものです。実際に長期インターンをやっている友達に声をかけ、インターンを繋げてもらいます。

メリット

友達に紹介してもらうことのメリットはなんと言っても情報の信憑性でしょう。
実際に働いているインターン生のリアルな声を回収できますし、友人であればインターンの良いところも悪いところも正直に話してくれるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、「他のインターンと比較できない」というものがあります。
得られる情報が1社のみのため、自分で他社のインターンについて調べないと、比較検討することができません。紹介してくれた友人も他のインターンについて知っているとは限らないため、情報が偏っている可能性もあります。
「友人がお勧めしてくれたから」という理由だけでインターンを即決するのではなく、他社のインターンについても調べた上で検討することをお勧めします。

求人サイトから探す

二つ目に挙げられるのが、「求人サイトから探す」というものです。最近ではインターンを紹介する求人サイトも増えてきて、多くの企業が求人サイトにインターンの求人情報を載せるようになりました。

メリット

求人サイトのメリットは、「複数社まとめて情報を知れる」という点です。
さまざまなインターンの情報が体系的にまとまっているため、給与や業務内容等の比較が容易です。
また、勤務地や自分の興味がある業界・職種で絞って検索することもできるため、自分が得たい情報を素早く手に入れるという面では非常に良いツールと言えるでしょう。

デメリット

求人サイトのデメリットは、「実際の職場の雰囲気などが分かりずらい」という点です。
業務内容や会社情報については丁寧にまとめられている場合が多いですが、やはり文章だけでは企業の雰囲気を掴むのは難しいでしょう。興味のある求人は企業ホームページなどを参考にすることで、企業の雰囲気などが具体的に掴めるかもしれません。
Intern Street でもホームページで長期インターン求人情報を複数掲載しています。長期インターンを始めたいと考えている方は是非一度ご覧になってください。

Intern Streetで長期インターンを探す

インターンイベントに参加する

次に挙げられるのがインターンイベントに参加するというものです。
インターンイベントとは、インターンを募集する企業が複数社登壇し、学生向けの就活セミナーを行ったりインターンの求人紹介を行ったりするイベントです。

メリット

インターンイベントのメリットは、複数社のインターンを比較できることと、社員の雰囲気も掴めることです。
実際にインターン先の社員の方が話してくれるため、必要な情報を分かりやすく得ることができますし、社内の雰囲気も掴むことができます。また、様々な職種や業界の会社が登壇するイベントに参加すれば、それらを比較することで自分にあった職種や業界が何かを知るヒントにもなります。
単なるインターン紹介だけでなく、学生にとって学びとなるようなスキルアップ系イベントもあり、参加するだけで就活や学生生活において有益な情報を得ることができます。

Intern Streetでもさまざまなイベントを開催しております。ぜひ参加してみてください。
Intern Streetのイベントに参加する

デメリット

インターンイベントのデメリットは、「スケジュールの都合で参加できないこともある」ということでしょう。
複数の企業が登壇するインターンイベントはそこまで頻繁に開催されるわけではありません。
そのため、自分がインターンを探しているタイミングでちょうど良いイベントが開催されるとは限りませんし、イベントの日程と自分の予定が合うとも限らないでしょう。
インターンイベントは、スライドの著作権の都合などで後日配信されない場合がほとんどです。そのため、一回限りの貴重なイベントと言えるでしょう。

企業HPから探す

四つ目に挙げられるのが「企業HPから探す」というものです。求人サイトではなく、自分が興味のある会社のホームページから直接長期インターンを募集していないか探すという方法です。

メリット

企業ホームページのメリットは、「情報量の多さ」でしょう。インターン情報について丁寧にまとまっていることがほとんどですし、インターン情報以外にもその会社がどのようなことをやっているのかや、会社の企業理念などをホームページから知ることができます。

デメリット

企業ホームページのデメリットは、「コスパの悪さ」です。一社ずつ企業を調べる必要があります。また自分の興味がある企業が長期インターンを募集しているとは限らないため、探すのに時間がかかってしまうでしょう。

Intern Street個別面談に参加する

最後に挙げられるのが、Intern Streetの個別面談です。Intern Street では長期インターンを探している学生を対象に個別面談を行っています。

メリット

Intern Streetの個別面談のメリットとして以下の3点が挙げられます。

・厳選された企業から、自分にあった長期インターンを知れる
・複数の企業を比較することができる
・企業への丁寧なヒアリングを行っているため、詳細な企業情報が得られる

Intern Streetでは16年培ってきた知識と信頼をもとに、起業家・経営者・投資家が厳選した優良ベンチャー100社のみをご紹介します。また、個別面談ではプロのキャリアコーディネーターが学生に丁寧にヒアリングを行い、学生自身に合った長期インターンを紹介します。学生にマッチした求人が複数社ある場合は、それら複数の求人をご紹介するため、学生は自分に合った企業はどれかを比較することが可能です。
また、Intern Streetではそれぞれの企業に、最新のニーズを丁寧にヒアリングしているため、企業のカルチャーなどを丁寧にお伝えすることが可能です。

デメリット

個別面談のデメリットとしては、1時間弱の時間を割く必要があるという点です。
Intern Street側で学生に合った長期インターンを紹介するために、長期インターンを始めたい理由や、これまでの経験などを丁寧にヒアリングしていきます。そのため、1時間弱の時間がかかってしまい、長期インターンをできるだけ早く始めたいと考えている学生にとってはやや長いと感じてしまうかもしれません。
しかし、プロのキャリアコーディネーターによる個別面談は、自分で求人サイトなどからインターンを探すよりも圧倒的に効率が良いと言えるでしょう。
今すぐにでも長期インターンを始めたいと思っている方にこそ、Intern Streetの個別面談をオススメします。

Intern Streetの個別面談に申し込む

まとめ

ここまで、長期インターンの探し方を全部で5つ紹介してきました。
それぞれメリット・デメリットがありますが、大切なのは自分にあった探し方で長期インターンを探すことです。ぜひ自分にあった探し方で、自分にあった長期インターンを見つけてください。

Intern Streetで長期インターンを探す

募集中のインターン