長期インターンの探し方・選び方講座 ~意義あるインターンをどう選ぶか~


理想の長期インターンに出会うためには「長期インターンの探し方・選び方」が非常に大事です。
理想の長期インターンは「企業の雰囲気が自分の価値観に合致しているか」「自分の目的が達成出来るか」に左右されます。
そこでIntern Streetは「面談講師と一緒に選ぶこと」をお勧めします。

0. 長期インターンを探すに際して

長期インターンを検討していて、インターン先の企業を探している皆さん。
せっかく長期インターンをする訳ですから良い企業に入りたいですよね。
今回はそうした良い企業に出会える探し方・選び方について解説します。

1. 長期インターンの探し方・選び方


1-1. 理想の長期インターンの選択とは?

最初に問います。みなさんにとって理想の長期インターンとは何でしょうか?
人それぞれ長期インターンに求めるものは様々ですが、大きく分けて2つの選択軸があります。

①企業の雰囲気が自分の価値観に合致していること
②自分の目的が達成出来ること

この2つが揃って初めて、理想の長期インターンと言えます。

1-2. 一般的な学生の長期インターンの探し方・選び方

現在長期インターンを紹介するメディアはこのIntern Streetを含め複数あります。
多くの学生はそういったメディアから情報を得ています。
各メディア内で自分がしたい業種で検索をかけて、検索結果に挙がった求人情報を流し読みして、気になった求人に応募するのがメジャーなやり方です。

1-3. 現在の探し方・選び方にある課題

こうした求人掲載の情報だけから探す選び方には決定的な課題があります。
それは、「企業の雰囲気がイマイチよく分からない」ことと「そもそも長期インターンとして働く目的が明確に分からないまま選考に進んでしまう」ことです。
求人掲載には、文字と写真という情報しかありません。
企業の雰囲気は文字では伝わりません。長期インターン生の仕事も文字だけでは全てを知ることは出来ません。
このように現状の、文字による情報がメインの求人掲載だけで探すというやり方では理想の長期インターンに近づきにくいと言えます。

1-4. Intern Streetからの提案

Intern Streetではこの課題を解決するために「面談講師とタッグを組んで長期インターンを探す」というやり方を提案します。

面談講師とは、学生の皆さんと1時間程度の面談(打ち合わせ)を行い学生さんと一緒に長期インターン参加企業を選び、採用までをアシストするメンターのことです。
また採用までに必要な作業(例: 履歴書送付、面接日程調整)を学生の代わりに行う代理人(エージェント)としての側面も持ちます。

例えばプロ野球選手は移籍の際にエージェントを付けますよね。
それを長期インターン選択の場で行うと考えていただければイメージが湧くかと思います。

では何故「面談講師とタッグを組んで長期インターンを探す」ことをお勧めするか。
それは「面談講師が企業の雰囲気を熟知しているから」でかつ「面談講師が、学生の長期インターンの目的を見抜くから」です。

2. 長期インターン企業の雰囲気を知る

image

Intern Streetでは面談講師が必ず長期インターン生を受け入れる企業を1社1社訪問してヒアリングを行っています。
ヒアリング結果には文字だけで伝わる情報と伝わらない情報があります。

面談では特に文字だけでは伝わらない情報をお伝えできるので、ネット上にある求人掲載よりはるかに詳しく企業の雰囲気を知ることが出来ます。

企業の雰囲気を理解して学生に伝えるために面談講師は次の3点を軸にヒアリングをしています。
①ミッション・ビジョン・創業背景
②長期インターン生の採用背景・仕事内容
③長期インターン生を取り巻く環境

2-1. ミッション・ビジョン・創業背景

企業には必ず大切にする理念(ミッション)や目指す目標(ビジョン)があります。
大前提としてその企業で社員・長期インターン生に任される仕事にはそういったミッションやビジョンが色濃く反映されています。
ですから学生の皆さんがそのミッションやビジョンに共感できると、業務に楽しさとやり甲斐を感じられますし、成長のスピードも上がります。

そのため面談講師はミッションやビジョンを訪問時に聞き出しその情報を面談時に学生の皆さんに提供します

またベンチャー企業には創業したばかりで明確なミッションやビジョンが定まっていない企業もあります。
その際には面談講師が創業背景を聞き取り、ミッションやビジョンを長期インターン候補者向けに策定します。

2-2. 長期インターン生の採用背景・仕事内容

長期インターンは本来アルバイトなどとは異なり、給料と同時にビジネスにおける経験を得るための活動です。
学生の皆さんは、長期インターンを経験する目的を「厳しい営業の環境で対人コミュニケーションを鍛えたい」「記事作成からSNS広告まで幅広くWebマーケのスキルを身に付けたい」など具体的に考えていることでしょう。
そして、ご自分の目的が叶う機会をしかり見極めたいと考えているでしょう。

そうした機会の有無を見極めるため、面談講師は訪問時に企業に、長期インターン以外にも新卒やアルバイト等、様々な採用形態がある中で何故わざわざ長期インターンとして採用をするのかを聞いています。
またそれと同時に長期インターン生にどのような業務を任せる予定か、どのような教育を行う予定かを具体的に聞き出しています。

そのため面談講師は学生の皆さんに、企業毎の詳しい長期インターンの業務内容とそれを通じてどのような成長の機会を得られるかを紐づけてお話し出来ます。

2-3. 長期インターン生を取り巻く環境

長期インターン生はほとんどの場合、社員や先輩長期インターン生とチームになって働きます。
共に働く人は職場環境を作り出す大きな要因です。
チームのメンバーと雰囲気や価値観が合うと気持ちの良い職場だと思えます。

自分でゴリゴリ仕事をしたい人がいちいち周りから指示を受けたり、逆にいろいろと教えて欲しい人が自分で解決するよう求められたりするのは面白くないですよね。

ですから面談講師は訪問時に企業で実際に働いている社員や先輩インターン生の業務内容や価値観を聞き出して分析しています

そのため面談講師は学生の皆さんのレベル感や期待する環境に沿って長期インターン受け入れ企業を紹介することが出来ます。


このように面談講師との面談では文字だけでは伝わらない企業の雰囲気を余すこと無くお伝えするため企業の訪問を念入りに行っています
その面談講師が得た情報を直接時間をかけて面談の場に於いて口頭でお伝えするので、学生の皆さんは企業の雰囲気を理解して見極めることが出来ます。

3. 長期インターンをする目的を客観的に認知する

image

生の皆さんは長期インターンの目的を明確に持っていますか?
多くの学生さんは漠然とこんな事がしたいという程度で、自分の過去と今と将来を連結させて長期インターンの目的を明確に理解できていないのではないでしょうか?

貴重な大学生活の時間を割くわけですから、長期インターンをする目的が明確に分かった状態で長期インターンを選びたいですよね。
Intern Streetは長期インターンを学生のまだ芽生えぬ可能性を開花させる場所と考え、「意志と可能性を耕し、まだ見ぬ世界を拓く」をミッションにしています。
そこで面談講師は必ず次の3つを面談の場にて行っています。
①過去の経験の分析
②長期インターンに求めるものの分析
③未来の目標の分析

3-1. 過去の経験の分析

何かをしたいという動機にはいろいろありますが、過去の経験はその中でも大きな要因であることは間違いありません。長期インターンの動機についてもポッと急に出たものよりも過去の経験に紐づいたものの方が、他人はもちろんのこと自分にも説得力があります。

とは言え過去の経験を評価・分析しての長期インターンの動機と紐づける、そして経験と動機の間に論理性・整合性があるかを判断するのは自分の主観・バイアスが入りやすいため難しいです。またそもそも他人から言われないと思い出せない経験もあります。

そこで面談講師が学生の皆さんに、客観的な視点と複数の面から過去の経験をヒアリングし、過去経験と長期インターンに取り組む動機の紐付けをサポートします

3-2. 長期インターンに求めるものの分析

先程も指摘しましたが、長期インターンの目的を明確に持っている人は少ないです。
その理由の一つにはそもそも長期インターンで出来ること・得られることといった知識が少ないことがあります。

出来ること・得られることが分からない状態では長期インターンの目的は全く具体性を持たない「絵に描いた餅」になってしまいますし、そんな状態ではまず長期インターン生として採用されません。

そこで面談講師が年間4000人以上との面談から得た学生の長期インターンをやる目的例と長期インターンに関する知識を学生の皆さんに提供します。
長期インターンの目的が見付かっていない人には目的を見つけるサポートを、既に見付かっている人には一段階視座が高い目的や新しい視点からの提案を行います。

3-3. 未来の目標の分析

学生の皆さんの多くは、長期インターンを通して何らかの成長をしたいと思って長期インターンを探すと思います。
そしてその成長は自分の未来の目標やキャリアに繋げて考えることでしょう。
しかし求める成長は本当に未来の目標に繋がると自信をもって言えますか?

先程も述べましたが学生の多くは長期インターンで出来ること・得られることといった知識を充分には持っていません。
そのため実は、今求める成長と未来の目標がズレていることがしばしばあります。

そこで面談講師が豊富な経験を基に皆さんから未来の目標を聞き出します。
そして今求める成長と未来の目標にズレが無いかを客観的に分析します。
両者にズレがあった場合は未来の目標から遡って今期待する成長を修正するのをサポートします。
場合によっては学生の皆さんにそのズレを指摘したうえで長期インターンとは別の成長を求めるよう提案することもあります。

このように面談講師は、学生の皆さんのキャリアに寄り添って長期インターンを探します。
そのため過去・今・未来を丁寧にお聞きします。
当然、面談講師は皆さんのキャリアに沿って長期インターン先の企業を提案します。
ですから学生の皆さんも長期インターンをやる目的を考えながら長期インターン先の企業を選ぶことが出来ます。

4. 長期インターンの探し方・選び方のまとめ

理想の長期インターンは「企業の雰囲気が自分の性格に合致していること」「自分の目的が達成出来ること」の2つが揃って初めて実現します。

この2つをIntern Streetの面談講師は実現させるべく日々活動しています。
一見すると面談講師と面談するのは面倒くさいかもしれません
しかし、ただ求人情報のみを見ているだけでは得られない、文字では伝わらない大事な情報を提供しますから、必ず納得のいく長期インターンの探し方・選び方であると自負しています。

是非、面談講師と理想の長期インターンを探しませんか?
面談講師との面談をご希望の方はこちら
他の記事を読みたい方はこちら

募集中のインターン