2018.12.26

脱”ふつうの大学生”。本気で長期インターンに向き合った先に見えたものとは

プロフィール

伊東 実咲氏
中央大学3年生。
ただ楽しんで過ごすだけではなく成長できる大学生活を送りたい。
そう感じた彼女が踏み出した長期インターン。
彼女が長期インターンにフルコミットしようと思った背景、そしてその先に見えたものに迫る!

みんなと同じ”ふつうの大学生”では終わりたくない。

―長期インターンを始めたきっかけを教えてください。

当時は授業やサークル活動、飲み会といった、いわゆる普通の大学生らしいことを続けていました。ただ、浪人していたこともあって、すでに同期には劣等感を持っており、このままでは終わりたくないなと思っていました。というのも、大学生活は人それぞれだと思いますが、自分で行動しないと納得しない私には、「他人のマネをしながら、何も考えず意思決定し、時間が来たら就活をして…と4年間を過ごしてしまうのは、もったいないなと感じ始めたからです。
そして、周りの優秀な先輩を見ながら、レベルが高すぎず自分にできること、そして成長できることは何か、と考えて行き着いた先が長期インターンであり、1社目のインターンを始めました。

―なるほど、その後2社経験したのちに、なぜオンリーストーリーで働こうと決めたのですか?

尊敬する優秀な先輩にIntern Street良いよと勧めていただき、その面談で聞いた「社長にインタビューできる」の一言で、これだ!と思ったからです。普通の大学生がしていないことですし、圧倒的に成長できそうだなと直感的に感じました。
ただ本当は、一度は勤務条件を満たしていないという理由で、断られてしまいました。(※1)
とはいえ、ここだと決めていたので、代表の平野に直接連絡をとり、なんとか自分の想いを伝えました。そうしたことで、面談とプレ期間※2を経て、採用になりました。


※1
オンリーストーリー社勤務条件の詳細はこちら
最低週3日〜(土日含む)
※2 長期インターン開始前にプレインターンがあります。

image

―そんな熱い想いをお持ちのオンリーストーリーでは普段、どんな仕事をしているのですか?

主に2つです。1つ目が社長へのインタビュー。主に中小企業の社長さんにインタビューをさせてもらっています。また、インタビュー前には、事前にかなり念入りに業界調べや質問などを準備します。そしてインタビュー後に、記事化して自社のメディアに掲載します。
学生のうちから社長に会えることはなかなかないですし、様々な業界の社長さんに会いに行くのでかなり知識がついています。
そして、2つ目は、商談提案です。取材中に社長のニーズを聞き取り、そのニーズを満たしてくれる企業をオンリーストーリーのクライアントから紹介できるよう取り計らいます。例えば、私がインタビューした社長の企業が人材不足で困っているとします。その場合、私は社長に対して、人材会社などを紹介します。そうして社長と人材会社の方で、商談を実施。こうして、私を介して企業同士が出会う機会を作ることができます。

―かなり面白そうな仕事ですね。かなりコミットされていたのですか?

ただ、当初は授業の関係もあり、なかなかコミットできておらず、自分がまだ、オンリーストーリーで結果を残していないことへの焦り、同期は成果を出し表彰されていたことへの悔しさを感じていました。

ひと夏で25人の社長にインタビュー。本気で向き合った先に見えた私にしかできないこと。

先ほどの思いから、まずは、ここで本気でコミットしようと思ったんです。この夏やりきったら自分は変われると信じて行動し、最終的に夏休みは週5程度で勤務し、25人の社長と会いました。

―夏休みそれだけの勤務を経てどのように変化しましたか?

「自分には何が足りないのか、成果を出すためには何が必要か」と本気で毎日向き合い、どんどん行動して社長に会い考えた結果、思考の仕方と視座が高くなったと思います。
まず、今までは問題があったときにただ闇雲に解決しようとしていましたが、そうではなく、問題と解決について自分なりに深く思考し、どの解決策が最も有効か考えられるようになりました。
そして、視座については、成果が出始めたこと、4年生が抜けてしまったことでどんどん仕事を任せてくださるようになったので、今まで見ていた、自分の目の前の仕事だけではなく、私が会社の中で、そして長期インターン生のチームの中でどう動いていくのが最適なのか、なども考えることができるようになりました。これは、私が優秀だと思う人と同じ考え方をできるようになってきたので成長を実感しています。また、今までは、先輩方に頼る場面も多く、私の代わりになるメンバーはいるとも思っていましたが、夏を終えてからは、頼ってもらえることが増え、チームに必要としてもらえる存在に近づけた気がしています。
結果として、社内にある3つの長期インターンの賞のうち、二つの賞を受賞することができました。長期インターン生が約三十人もいる中、受賞できた事は自信に繋がっています。

自分で作っていけるインターンの魅力

image

―かなり変わりましたね。そんなオンリーストーリー社で働く魅力とは何ですか

誰がどの仕事を行うかといった事が決まっている環境ではありません。つまり、メンバー全員が当事者意識を持ち、仕事に向き合い、仕事を取りに行くことができます。例えば、18歳のインターン生が数か月で、月に100万円の売り上げを上げるといったケースもあります。本気でコミットしていただければ、成長できる環境があると思います。

そしてオンリーストーリーには強み弱みの両方を見つけ、それぞれにあった成長、つまり、自分の弱みを見つけて課題解決をしていくことも、強みを伸ばして成長することもできます。オンリーストーリーには評価の際に使用するIQ,EQ,AQ (※3) の3つの軸があります。それぞれの評価軸の中で、社員さんや同期が包み隠さず私の強みと課題を言ってくれます。それに合わせて自分で仕事を取りにいくことができます。

※3
IQ:知能指数
EQ:感情指数
AQ:忍耐指数 (逆境指数とも)

―オンリーストーリーにはどんな長期インターン生が働いていますか

多種多様ですが、天才肌ではなく努力家が多いです。それぞれが皆自分の目標を持って自主的に仕事をしています。そうして最初は泥臭く努力して着々と成長した人を何人も見てきました。アットホームな雰囲気ですが、成果が良くも悪くも可視化されているので、それをモチベーションに自分からできることを探し、成長意欲を持っている方と働きたいです。

オンリーストーリーのインターンについて

image

オンリーストーリーでのインターンはこちら!
国内最大規模の社長取材サイトの営業募集
国内最大規模の社長取材サイトの編集長&ライター募集


長期インターンを探すなら、ベンチャーのプロ「Intern Street」に相談しよう

長期インターン一覧ページはこちら

この企業の募集を見る

募集中のインターン